マカ&クラチャイダム12000 効果

どうゆう効果があるのか知りたい!

マカ&クラチャイダム12000+はあくまで健康食品の1種であり、薬とは違って劇的な効果を発揮できるものではありません。

 

ですが少なくとも私が感じている効果は以下の通りになります。

  • 精子の量がタプタプになる程に増えた
  • ムラムラとすることが多くなった
  • 2回戦目ができるくらいに勃起が持続できるようになった
  • 朝目覚まし時計よりも先に目覚められるようになった
  • 朝のつらさがなく、すぐに動けるようになった

朝スッキリおきられるようになった

まず最初に感じた効果は朝の目覚めで、飲み始めてから3週間ほどでした。

 

他の口コミや公式サイトの口コミに「朝がスッキリ目覚めるようになった」というような表現があり、「これって朝勃ちのことかな?」と試す前にに考えてたのですが、本当に朝がスッキリ目覚められるというそのままの意味でした。
私もそうでしたが、朝スッキリ目覚められるようになるために精力剤を試す方ってあまりかと思います。ですが私は朝が弱いこともあって、実際この効果を感じてみると結構感動的でした。

 

目覚ましに無理やり起こされると眠気が午前中ずっと続く場合があったのですが、自らスパッと起きれたときは午前からきびきび動けます

 

ちなみに私はあまり感じませんでしたが「朝勃ちが増えた」という報告も確かにあるみたいですね。

 

>>公式サイトの口コミを読んでみる

 

精力アップは1か月過ぎたころ

精力に関する効果は飲み始めて1か月を過ぎたころから感じ始めました。

 

その日は久しぶりにムラムラするなと思って自分で処理したのですが、その時の出る精子の量が増えていたのです。リアルな話で恐縮ですが私の場合右手で竿を持ち、左手のティッシュで精子を受け止めるのが通例でした。

 

その日もいつも通りやったのですが、精子の量と飛距離がパワーアップしていてティッシュ一枚では受けきれないほどでした。発射する量も増えたので快感も倍増し、体がピンと硬直してしまいました。

 

例えるなら

 

 

これだけ溜まってればムラムラするのも納得で、左手とイスが少し汚れてしまいました。

 

さらにその翌週の営みでは1回射精した後も勃起が持続することがあり、息を整えて2回戦目ができるようになっていました!

 

ただ体力が追い付かずその時は射精には至りませんでしたが、これだけ持続できたのは10年以上ぶりではないでしょうか。

 

正直マカ&クラチャイダムに12000ここまで期待していなかったので、これらの効果には大満足です。

 

効果と成分の解説

私が実際に感じた効果をご紹介しましたが、プラセボ効果も一部あるかもしれません。なので今度は第三者的視点で、含まれている成分からはどのような効果が期待できるのかを解説していきます。

 

マカ&クラチャイダム12000+には「マカ末、ブラックジンジャーエキス末(クラチャイダム)、スッポン末、赤マムシ末、亜鉛含有酵母、牡蠣エキス末、トンカットアリエキス末、ゼラチン、デンプン、シクロデキストリン、ステアリン酸カルシウム、カラメル色素」が入っていますが、特に売りにしている「マカ」「クラチャイダム(ブラックジンジャー)」に焦点を当てて解説します。

 

男性ホルモンと精子の生成で大切な亜鉛

マカとクラチャイダムの説明の前に、精力アップには欠かせない「亜鉛」と「アルギニン」について説明が必要かと思います。おそらくほぼ全ての精力剤に「亜鉛」と「アルギニン」は入っているといっていいでしょう。

 

まず亜鉛はセックスミネラルとも呼ばれており、精子の生産に欠かせない成分です。この亜鉛が少ないと精子の生産量が減ってしまう他、男性ホルモンのテストステロンも減少します。

 

このテストステロンは男性らしさを作るホルモンで、性欲はもちろんのこと、女性と比べ男性が筋肉質なのはこのテストステロンの働きによるものです。このテストステロンの多い少ないが男性機能に大きな影響を及ぼします。

精液の生成、成長ホルモン、勃起力で大切なアルギニン

次にアルギニンですが、実は精液の80%はアルギニンをもとに作られており、アルギニンの粉末は精液の匂いに似ていると言われています。

 

それくらいアルギニンは精液の量に影響を及ぼすほか、成長ホルモンの分泌を促したり、一酸化窒素を生み出すことで勃起力を強化する働きもあります。

 

成長ホルモンと聞くと10代の育ちざかりをイメージしますが、成長ホルモンは傷や疲労の回復に大きく貢献するホルモンです。大人になると傷が治りにくくなったり、疲れが取れづらくなりますが、それは成長ホルモンが減っているからなんです。

 

さらにアルギニンの見逃せない効果は一酸化窒素の生成です。一酸化窒素は血管を拡張させる作用がありますが、これは勃起と大きく関係しています。

 

勃起とはそもそも陰茎にある毛細血管の固まり(海綿体)に血液が流れ込むことで発生しますが、このとき陰茎の血管の拡張が弱いと硬い勃起にはなりません。

 

なので一酸化窒素によって血管を拡張させて血流をスムーズにすることができれば、勃起もスムーズに起こるということになります。

 

マカは亜鉛、クラチャイダムはアルギニン

さてマカ&クラチャイダム12000+にの話に戻りますが、まずマカには多量の亜鉛と少量のアルギニンを含みます。そしてクラチャイダムには少量の亜鉛と、多量のアルギニンを含みます。

 

つまりマカとクラチャイダムを配合することによって、亜鉛とアルギニンをバランスよくかつ多量に摂取することができるのです。

内容量が270mgですがそのうちマカが100mg、クラチャイダム100mgなので、その他赤マムシや牡蠣エキスなどが70mgということでしょうか。

 

そう考えるとマカとクラチャイダムがかなりギチギチに入っていることがわかりますね。これがマカ&クラチャイダム12000+のコストパフォーマンスが良いと言われる理由でしょう。

 

>>マカ&クラチャイダム12000+の含有量を確認する