マカ

マカとは

マカはダイコンなどと同じアブラナ科の植物で、南米のアンデス山脈に自生しています。アンデス山脈は5000m級の山々が連なる世界最大級の山脈で、1500年頃まではその地にインカ帝国が反映していました。

 

マカは標高4000〜5000の非常に過酷な環境で育ち、栄養価か高いためにインカ帝国では戦士の滋養強壮剤として愛用されていたと言われています。

 

現在その地はペルーとなっていますが、マカはペルーにとって貴重な外貨獲得手段の特産物として扱われており、国別輸出量はアメリカに次いで日本が2位となっています。

効果や栄養価

マカは精力アップの効果が期待されることで有名な他、最近では女性の妊活にも最適だと言われてきています。

 

マカに含まれる精力アップに関係する栄養素としては亜鉛とアルギニンが挙げられます。特に亜鉛の含有量が多く、睾丸の働きを活性化してくれるため精子の生産量がアップします。

 

また睾丸からは男性ホルモンが分泌されているため、男性ホルモンの活性化も期待される非常に大切な栄養価です。アメリカでは亜鉛のことをセックスミネラルとも呼ぶことがあり、精力アップには欠かせない成分でしょう。

 

一方妊活の効果に関してはあまり科学的に立証されておらず、また基礎体温が乱れて逆効果だったとおっしゃる方もいるので、もう少し研究が必要なようです。

 

>>マカ&クラチャイダムを見てみる