精力減退 原因

健康と精力は連動している

精力は基本的に年齢とともに衰えていきますが、しっかりとケアしていれば生涯現役でいることもできます。また反対に生活習慣によっては若くても精力が減退してしまうことはあります。

 

ここでは年齢以外に何が原因で精力が減退してしまうかを見ていきましょう。もしかしたらいつもやってしまっている習慣が精力の減退を進行させてしまっているかもしれません。

 

運動不足

男性ホルモンは基本的に20代の後半から徐々に減退していきますが、身体を動かし筋肉を使うことで増やすことができます。

 

逆に言えば運動をしないと男性ホルモンは減る一方で、どんどん精力が減退していってしまうのです。さらにポイントの2で取り上げますが、メタボを助長することにもなりますので運動は大切です。

メタボ

メタボと精力は関係しています。血中のコレステロール値が高くなり血液がドロドロになると高血圧を招いてしまいます。そして高血圧は動脈硬化を進行させてしまい、陰茎の血管に血液が流れ込みづらくなって勃起力が大幅に落ちます。

 

メタボと糖尿病は密接に関係していますが、糖尿病患者の約8割はED気味であるとも言われているため、食事はヘルシーにそして定期的に運動をすることを心がけましょう。

タバコ

百害あって一利なしとはよく言われますが、精力にとっても害があります。まずはタバコは吸った直後に血管を収縮させて血圧を上昇させます。つまりタバコを吸った直後は勃起力が落ちます。

 

さらに長期的に見ると高血圧は動脈硬化を進行させてしまうので、タバコを吸った直後でなくとも勃起力に大きく影響を及ぼすのです。精力に自信のない人はセックスの前のタバコをやめるだけでも少し効果があるかもしれませんね。